七転八倒フォト日記

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
31
 
本日は趣味の猟銃について、お話させていただきます!

早速ですが↓下記の写真に写っている銃は僕が初めて個人で所持する事となった銃です。

猟銃と言えば木製のストックの2連銃等を想像しがちですが
このような 軍用銃、散弾銃を所持する事も出来ます。

Img0428.jpg

イタリア ベネリアーミー社製 ベネリM3 (Benelli M3)

12ゲージのショットガンです! 

イナーシャーシステムと呼ばれる反動を利用した特殊なセミオートマチック機構
(通常のセミオートライフルでいうディレードブローバック機構)を持ち
これまでのオートマチックショットガンの弱点とされた連射速度の遅さを克服しているショットガン。
その上、フランキ社のスパス12と同じく状況に応じてポンプアクション射撃もできるため
スパス12を上回る速射性に加え、SPAS12と比べて1キロ近く軽量で
今までのショットガンとなんら変わらないフォルムによる取り回しの良さを持っているスグレモノ!

しかもこの銃は、その完成度の高さから米国の警察機関を始め、
世界中の特殊部隊チームが採用しており、日本国内でも
海上自衛隊が平成19年度予算で護衛艦ひゅうが用等で調達し採用しているとのことです。

ただ、セミオートマチック専用であったベネリM1に比べると、セミポンプ切り替え機構による
重量増が先端部に集中しており、若干重量バランスは悪くなったとも言われている様ですが
実際に使用してみた感じではあまり気になりません!

そして↓の写真がポンプアクション時のハンドガード位置!

Img0433.jpg

写真中央に見えるレバーでセミ・ポンプを切り替える事が出来ます。
↓の写真がセミオートマチック時のハンドガード位置!

Img0434.jpg

そして↓の写真がこの銃で使用できる装弾の一部です。

左から 12ゲージ2・3/4インチ24グラム7・1/2トラップ射撃用装弾
真中が 12ゲージ2・3/4インチ33グラム3号の狩猟用装弾
右側が 12ゲージ2・3/4インチ32グラム7・1/2トラップ射撃用装弾

いずれも1発単価は数十円です!

Img0429.jpg

手前の赤い弾は↓散弾銃で撃てる一発弾
サボットスラッグと呼ばれる物で、その破壊力は凄まじく
鹿を一発で仕留める程のパワーがあります!

3発も撃つと肩が痛くなります。
価格は、1発800円くらいしますので
自分の家で弾を作ったほうが良いでしょう!

Img0430.jpg

この銃は万能銃で、冬は狩猟、夏はクレー射撃にと大変重宝しています。

是非、一家に一丁いかがでしょうか?

Img0438.jpg

これ以上は、あまりにもマニアックな日記になってしまいそうなので
また別の機会に他の銃達も紹介させていただきたいと思います。

スポンサーサイト
    17:42 | Trackback : 0 | Comment : 8 | Top
プロフィール

Captain T

Author:Captain T
北海道北見市在住の男子
当ブログの掲載写真は
すべて自身で撮影した写真のみ
掲載させていただいております
写真の無断転用
無断掲載大歓迎です
こんな写真でよければ
是非使ってやってください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。