七転八倒フォト日記

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
05
 
久しぶりの更新ですが、択捉日記はもう少し続きます。

内岡港で食事と摂った、我々訪問団は

択捉島最大の企業、ギドロストロイ社の視察に向いました。

DSC_a10001 (15)_247

相変わらずバスの中は酷く揺れます・・

ギドロストロイ社到着後、陽気なロシア人が我々を迎えてくれました。

DSC_a10001 (14)_246

ギドロストロイ社は、サハリン本社のユダヤ人が経営する、クリル地区でも最大の企業です。

択捉住民の約90パーセントは、この企業の関係者だそうで

実質、この島を支配する独占企業です!

サーモンの生産量は、アラスカを超える生産量で、世界のトップシェアを誇る企業だそうです。

P5240271.jpg

↑無理やり切り開いた土地に、豪華?な庭園が・・・   
  このコントラストは正直微妙妙。。。


↓加工場のすぐ横に、孵化場がありましたが
  その周囲は、ゴミだらけの、とんでもない荒れ地です。
 
  悪趣味な庭園を作る金があるなら、こういう処にこそ金を掛けて頂きたいものです!

P5240277.jpg

孵化場の中では、沢山の稚魚が、放流されるのを待っていました。

設備を説明してくれた、担当者曰く

水質管理も徹底されていて、環境に配慮された設備だと申しておりましたが

あまり、説得力がありません。

DSC_a10001 (19)_251

水槽が沢山並んでいるだけの孵化上を視察後

引き続き、加工場の視察です。

当日、この会社は休業日だったこともあり、工場内には静けさが漂っていました。

工場内は、オフィス・見学路・生産ライン共に、非常にクリーンで、効率的な印象を受けました!

DSC_a10001 (20)_253

↓加工場の担当者が工場の説明をしてくれました。

 通訳が間にはいるので2倍の時間が掛かります!

DSC_a10001 (21)_254

↓加工場の生産ラインです!
 当日は日曜日で工場が休みだったので、操業中の様子を見ることが出来ませんでした。

DSC_a10001 (22)_255

っていうかマジ暇です。

こんな工場見せてどうなるのでしょうか?

ラインの生産性や効率性等をいくら説明されたところで何を感じ取れと言うのでしょうか?

むしろ、この島を返す気は更々ありませんよ!と言われている様にしか思えません。

興味深げに説明を聞いていられる方々の気が知れません!



時間つぶしとも思える工場見学に裂かれた時間は約4時間!

孵化場&加工場をゆっくり見学しても2時間も掛かりません! 

バスが出発するまで自由時間!とのことですが

こんなところで何をすれば良いのでしょうか?  

DSC_a10001 (25)_258

↑釣りをしていたオッサンをパチリ!

↓パトカーに乗っていた警官のツーショット!

DSC_a10001 (31)_265

見るところが無いならそれなりに予定の組み方があったとも思うのですが。

我々訪問団は、いい加減なスケジュールに、終始翻弄され続けているような気がしてなりません!

DSC_a10001 (28)_261

そうです!

ニホンジンハナニヲサレテモオコリマセン!

スポンサーサイト
    17:37 | Trackback : 0 | Comment : 1 | Top
プロフィール

Captain T

Author:Captain T
北海道北見市在住の男子
当ブログの掲載写真は
すべて自身で撮影した写真のみ
掲載させていただいております
写真の無断転用
無断掲載大歓迎です
こんな写真でよければ
是非使ってやってください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。