七転八倒フォト日記

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
07
 
ボールペンです。

アメリカ フィッシャー社製 スペースペンです!

このボールペン、見た目は普通のペンですが

凄いんですよ!!

Img0541.jpg

何が凄いって!

なんと!あのNASA(米国航空宇宙局)の厳しい検査をクリアし
現在、国境を超えた、すべての宇宙計画に、実際に使用されているのペンなのです!

通常のボールペンは重力によってインクがボールの先へと落ちていき
逆さにするとインクが上がってしまい、使用できなくなってしまうのですが
スペースペンはカートリッジ内部に封入された窒素ガスの圧力によって
インクがボールペンの先ヘと移っていきます。

そのため、このスペースペンは、逆さにしてもすぐに書き始められ、無重力状態や水中!
更に、極度の寒暖の差がある地域(-50~200℃)においてもスムーズに書く事ができます。

また、特殊な粘性の強いインクが密開されていることにより、
ドライアップ(乾燥)がなく100年以上の保管も可能なのだということです!

Img0543.jpg

これら条件を選ばないヘビーデューティー性と
写真などの艶のある面や油性の面にでも書けるオールマイティー性!

これらのパフォーマンスが、このペンが他のペンよりも優れているという揺ぎ無き証なのです!

Img0547.jpg

ちなみに、このフイッシャーカンパニーの代表者ポールフイッシャー氏は
このスペースペンの開発に100万ドル以上の巨費を投じたそうです!

↓彼曰く、

このスペースぺンは未来の人類への責重な遺産として受け継がれてゆくことでしょう。

だそうです。
    17:45 | Trackback : 0 | Comment : 4 | Top
Comment
2009.04.07 Tue 18:55  |  ひろり #-
ボールペンを開発したのは確かフランス人の方だったような
んで 当初はあまり質がよくなく 線を書くとまだらになったりとか・・

それを 現在の形にしたのが 日本人だそうで  名前は知りませんが
母校の教授先生だそうです(^^;;  在学中にも在職されてたようですが
多分一度も遭遇しなかったかもしれません 

で そんなボールペンが さらに進化したのですね

一本のボールペンから 様々な思考が広がります


  URL  Edit
2009.04.07 Tue 23:48  |  のり #-
たかがボールペン されどボールペン
凄いですね ここまで進化しているんですね。

この記事を見て
高級なものではありませんが
高校入学に買ったボールペンを思い出しました。

懐かしさが蘇りました(^O^)
懐かしさが  URL  Edit
2009.04.08 Wed 18:32  |  Captain #-
>ひろり様

母校に現在のボールペンの基礎を作った方がいらっしゃったなんて!!

ボールペンの開発は色々苦労したようですね。
Wikiで拝見しました!

現在は、様々なボールペンが、手ごろな価格で手に入ります。
とても良い時代になりましたね!
  URL  Edit
2009.04.08 Wed 18:40  |  Captain #-
>のり様

いつもBlogを、楽しく拝見させていただいております。

ボールペンはかなり進化していたんです!!(僕も最近知りました。)

このボールペンも、そんなに高価なものでは無いそうです。
  URL  Edit







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://captain911.blog5.fc2.com/tb.php/41-fe69d509
プロフィール

Captain T

Author:Captain T
北海道北見市在住の男子
当ブログの掲載写真は
すべて自身で撮影した写真のみ
掲載させていただいております
写真の無断転用
無断掲載大歓迎です
こんな写真でよければ
是非使ってやってください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。